林修の今でしょ!講座 調味料

-,

林修の今でしょ講座きび酢を使ったレシピ、ピャースーの作り方 

きび酢を使ったレシピ

4月17日の林修の今でしょ講座で放送された血管にいいお酢、与論島で作られている「きび酢」についてご紹介します!
カリウムが米酢の20倍、ミネラル成分も豊富な体に嬉しいお酢です。
おすすめの魚を使った食べ方「ピャースー」のレシピもご紹介します!

スポンサーリンク

きび酢とは?

きび酢とはさとうきびから作られるお酢のことです。
3年熟成させるときれいな琥珀色になり完成します。

与論島では必要不可欠だというこのお酢ですが、お刺身やお寿司を食べる際に使われているそうです。

実は米酢に比べ、
カリウム・・・約20倍
カルシウム・・・約8倍
鉄・・・約6倍
マグネシウム・・・約2倍
と健康に嬉しい成分が豊富に含まれています。

ミネラル豊富な土壌で作られているサトウキビから作られているため、ミネラルが豊富なお酢になっているんですね。

おすすめレシピ ピャースー

お魚を焼いて、きび酢を入れた調味液に漬け込んだ料理です。
与論島でよく食べられている食べ方だそうです。

材料

きび酢:水=1:1
塩 少々
みりん 少々
鯛などの魚 焼いた後手でほぐす

作り方

1、お魚を焼き、手でほぐす。

スポンサーリンク

2、きび酢に水、塩、みりんを加えて混ぜる。

3、2の液に1を入れて漬け込めば完成です。

是非作ってみてくださいね☆

おすすめ関連記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめPR

おすすめPR

関連コンテンツユニット

-林修の今でしょ!講座, 調味料
-,