LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

林修の今でしょ!講座 病気対策法・健康 美容

林修の今でしょ講座!油の新常識まとめ!揚げ物に適した種類&酸化を防ぐ方法も!

16431595140_4372a5ed82
4月18日の林修の今でしょ!講座で放送された「サラダ油・オリーブオイル・えごま油・アマニ油の正しい使い方・健康にいい使い方」についてまとめてみました!
健康を害する心配がある参加を防ぐ方法や、揚げ物に適した種類など健康的に油を取り入れるために覚えておきたい知識が盛りだくさんです!

スポンサーリンク

揚げ物で使った場合使いまわしはNG!

揚げ物で使ったあと、何回も使いまわす人も多いと思います。

ですが、本当は酸化するために1回使用した油は基本的には使いまわさない方がいいんです。

酸化した油は動脈硬化や肌荒れの原因になってしまいます。
出来ることなら1回で処分して新しいものを使いたいですね。

節約するためには少量をフライパンに注ぎ、揚げ焼きのようにすると使う量を節約することができます。
これなら残る量も少なくなるので、処分するのも気が引けないと思います。

オリーブオイルは揚げ物におすすめ!

オリーブオイルは揚げ物に使っても大丈夫です。

揚げ物にはおすすめの油なんです。

さらにサラダ油よりも熱に強く酸化しにくいため揚げ物にお勧めなんです。
他にも米油が熱に強いので揚げ物にもおすすめです!

えごま油やアマニ油は加熱NG?

逆にえごま油やアマニ油は熱に弱いので揚げ物に使うのはNGです。
その代わり温かいものにかけるのは大丈夫なので、野菜炒めをしたあとにかけたり、お味噌汁に入れるのは大丈夫です。

適した保存場所は?

油全般に言えることですが、保存場所はシンク下がおすすめです。

ではどこはよくないのかというと、コンロ横は適していません!

光が当たると参加してしまうため、暗い場所に置くことが大切なんです。
熱・空気・光」を避けた場所で保管してください。

カロリーの違いはあるの?

油のカロリーは全て1g9kcalです。

種類によってカロリーに違いはないんですね!

油の役割は?

油にも大切な役割があり・・

・皮膚の保護・再生
・細胞膜の構成
・体内のエネルギー源になる

スポンサーリンク

という役割があります。

なので朝食べるとエネルギーになりやすいのでおすすめなんです。
ただし余った分は脂肪になってしまうので、食べる量には気をつけたいですね。

オメガ3のオイルでダイエット効果も!

えごま油などのオメガ3のオイルには脂肪燃焼効果があるので、運動前に摂取するとその後の運動での脂肪を燃焼する効果が高まります。

運動と言っても日常的な動作でも十分効果を発揮するので、朝摂取して活動するととてもいいですね。
冷え性にも効果があり、継続して摂取している人は体温が高いというデータもあるそうです。

まとめ

油の使いまわしがNGとはびっくりしました!
使いまわしていたので今後は健康を考えてやめようと思います。

オリーブオイルの方がサラダ油より酸化に強いというのも驚きです。
是非これからは使いたいですね!

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-林修の今でしょ!講座, 病気対策法・健康, 美容