男子ごはん

男子ごはん里芋のカリカリ焼きパルミジャーノがけレシピ&作り方

2018/01/23

男子ごはん里芋のカリカリ焼きパルミジャーノがけレシピ

男子ごはんで放送された「里芋のカリカリ焼きパルミジャーノがけ」の作り方をご紹介します。
お家で簡単にできるイタリアンのレシピで、里芋のぬめりを落とすことで表面はカリカリに、中はホクホクに作ることができます。
仕上げにパルミジャーノチーズをたっぷりかけると絶品です!

※2017年10月29日の放送のレシピを参考に、実際に作ってみた感想と作り方を写真付きで詳しく追記しています。

スポンサーリンク

里芋のカリカリ焼きパルミジャーノがけ

材料 1~2人分

里芋 600g
パルミジャーノチーズ 適量(たっぷりかけるとおいしいです!)
オリーブオイル 大さじ1
塩・黒こしょう 各適量
パセリ 適量

作り方

作り方は後ほど写真付きで詳しく解説します。

1、里芋は上と下の端を切り落とし、上から下に向かって皮をむく。
その後半分に切る。

2、切った里芋は塩少々でもみ、流水でよく洗う。

3、鍋に2の里芋とかぶるくらいの水を入れる。
火にかけて、沸騰しアクが出たらざるにあげる。
もう一度流水でよく洗い、ぬめりをしっかりと取る。

4、再び里芋と鍋にかぶるくらいの水を加えて火にかけ、沸騰してきたら中火で10分間ゆでる。

5、竹串を刺してみて、すっと通るようになったらざるにあげ、キッチンペーパーで水気をとる。

6、熱したフライパンにオリーブオイルをひき、5の里芋を断面の広い部分から焼き、焼き目がついたらひっくりかえして全体を焼く。

7、器に盛り付け、塩・黒こしょうをかける。
パルミジャーノチーズをたっぷりとすりおろしてかける。
仕上げにパセリをかけたら完成です。

写真で詳しく解説

作り方を詳しく解説します!

1、里芋は上と下の端を切り落とし、上から下に向かって皮をむく。
その後半分に切る。

2、切った里芋は塩少々でもみ、流水でよく洗う。
☆ぬめりが取れやすくなります。

男子ごはん里芋のカリカリ焼きパルミジャーノがけレシピ

3、鍋に2の里芋とかぶるくらいの水を入れる。
火にかけて、沸騰しアクが出たらざるにあげる。
もう一度流水でよく洗い、ぬめりをしっかりと取る。

☆ぬめりをなるべく取ることで、焼いたときにカリカリの食感に仕上げることができます。

4、再び里芋と鍋にかぶるくらいの水を加えて火にかけ、沸騰してきたら中火で10分間ゆでる。
☆大きめの里芋の場合は半分に切ってあっても15分くらいかかりました。
なのでゆで時間の目安は10~15分です。

5、竹串を刺してみて、すっと通るようになったらざるにあげ、キッチンペーパーで水気をとる。

男子ごはん里芋のカリカリ焼きパルミジャーノがけレシピ

6、熱したフライパンにオリーブオイルをひき、5の里芋を断面の広い部分から焼き、焼き目がついたらひっくりかえして全体を焼く。

スポンサーリンク

☆切った断面は焼きやすいですが、側面は凸凹していて一度では焼き目がつけれないので、転がしながら少しずつ全体に焼き目を付けていきます。

男子ごはん里芋のカリカリ焼きパルミジャーノがけレシピ

7、器に盛り付け、塩・黒こしょうをかける。
パルミジャーノチーズをたっぷりとすりおろしてかける。
仕上げにパセリをかけたら完成です。

ポイント

男子ごはん里芋のカリカリ焼きパルミジャーノがけレシピ

実際に作ってみて、仕上げの塩味をしっかりきかせるとよりおいしいな、と思いました。

パルミジャーノチーズがお好きな方はかなりたっぷりとかけるととってもおいしいです。
我が家はみんなパセリが好きなので、元のレシピにパセリを加えています。

パルミジャーノチーズは粉チーズよりもブロックのチーズをすりおろすのがおすすめです。
香りが全然違いますし、ホクホクの里芋の上で溶けて絶品になります。

我が家は2人で里芋600gは多いな、と思ったので400gで子供と3人で食べましたが大人4人くらいで分けてもいいくらいの量でした。
副菜としてなら里芋の量は少し少なめでもいいのかもしれません。

まとめ

里芋は和風でも洋風でもよく合う食材なので、アレンジが効いて優秀ですよね。
私は白米を炊くのを忘れたときに笑 ごはんの代わりに食べたりもしています。

このレシピはチーズがかかっているので、大人から子供まで大好評でした。
是非作ってみてくださいね!

おすすめ関連レシピ

こちらも実際に作ってみてとてもおいしかったのでおすすめです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめPR

おすすめPR

関連コンテンツユニット

-男子ごはん