LIFE

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

子育て 男子ごはん

自由研究に!男子ごはんで紹介された不思議な「つかめる水」の作り方

不思議な水
8月21日の男子ごはんでは夏休みの自由研究にぴったりな不思議な「つかめる水」の作り方が放送されました。
とっても面白かったので、ご紹介したいと思います!
通販で購入できるキットも合わせて紹介しています。
是非作ってみてください(*´▽`*)

スポンサーリンク

不思議なつかめる水

準備するもの・材料

水 1リットルを2つ(計2リットルを分けて用意)
ぬるま湯 約30度のお湯を1リットル
アルギン酸ナトリウム 8g
乳酸カルシウム 20g
お玉や容器

両方そろったキットが通販で購入できます。

アルギン酸ナトリウムとは?

昆布などに含まれるぬめり成分の一つで美容出来や薬などの使用されています。

作り方

1、アルギン酸ナトリウムはぬるま湯に溶かし、乳酸カルシウムは水に溶かし20分置く。

2、作りたい大きさのお玉や容器を準備し、お玉(もしくは容器)の中にアルギン酸ナトリウム水を入れ、乳酸カルシウム水の中に素早くすっと一気に流し込む。

3、5~7分待つ。

4、固まった部分を水を入れたボウルの中に移せば完成です。

プルプルしていてとってもおもしろそうでした!
膜のようになっているので、破くと中から水が出てきます。

アレンジして人工イクラを作る方法

応用して人工イクラを作ることもできます。
その場合は食紅で水を赤く染め、ツブツブの状態にアルギン酸ナトリウムを流し込めばイクラのようになります!

なんと専用のキットも販売されていました。

スポンサーリンク

どうして固まるの?

どうしてつかめるの?
なぜ水がつかめるようになるのかというと、アルギン酸ナトリウム水は乳酸カルシウム水に触れると硬くなる性質を持っているからなんです。
そのため2つの溶液が触れ合っている部分だけが硬くなり、薄い膜を作ることが出来るため水がつかめるようになるんです。

まとめ

私のころとは違い、今は自由研究もすごく科学的になってきているんですね~!
昔はこんな便利で面白そうなキットってあまりなかった気がします。

これを応用して、さらに自分で研究した成果ものせれるといいかもしれませんね!
水なので危なくないですし、暑い夏でも室内で出来るので親御さんも安心かと思います。
是非お試しください(*´ω`)

カラーでわかりやすい図鑑キットはこちら。

同じ日に放送された「夏のぶっかけ飯」のレシピはこちらです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-子育て, 男子ごはん