グルメ&お出かけ 男子ごはん

男子ごはんで紹介された変わり種チーズまとめ。ハルミチーズ・フレーバー系も。

2018/11/18

変わり種チーズ
男子ごはんで放送された「変わり種・フレーバー系チーズ」をまとめてみました!
海外の変わったチーズで、海藻が練りこまれたものやキャラメルのような風味のもの、焼いても解けないミントが入った塩漬けチーズ、フレーバー系など一度は食べてみたいチーズが盛りだくさんです。

スポンサーリンク

アンブラン

海藻が練りこまれたウォッシュタイプのチーズで、むっちりとした食感とクリーミーな味わいが絶品のチーズです。
100g1101円程度で、フランスのチーズになります。

ゴートチーズ

山羊のミルクを煮詰めて作られるチーズで、キャラメルのような風味を楽しむことができます。
見た目もキャラメルような色です!
匂いもキャラメルっぽいんだとか。

ハルミチーズ

「ハルミ」とは心平さんのお母さん栗原はるみさんのことではなく笑 コプト語で「チーズ」という意味なんだそうです。
長期保存を可能にするためミントを加えて塩漬けにして作られているキプロスのチーズです。
お値段は200gで1663円ほどです。

キュキュットとした歯ごたえがあり、焼いても溶けないチーズです。

カプラ

「カプリーノ」とも呼ばれるヤギの乳からできるチーズです。

スポンサーリンク

ヤギの乳のチーズに乾パンとリンゴの粉末をまぶして約120日間熟成させてつくられます。
シャンパンによく合うチーズです。

ディアボレット

牛乳と生の牛乳を混ぜて作られて物に唐辛子を混ぜたフレーバー系チーズです。
約30日間熟成させてつくられています。

赤ワインがおすすめです。

カルブルー

ブルーチーズにカカオとラム酒をかけて熟成させたチーズです。
カカオの甘さとラム酒の香りが特徴で、ラム酒との相性も抜群です。

焼いて食べるとまた違った風味を楽しめるので、ラクレット&フォンデュメーカーなどで加熱していただくのもおすすめです。

まとめ

チーズは大好きなので是非一度食べてみたいものばかりでした。

普段自分ではなかなか買わないようなものは手土産にしても喜ばれそうですね。
気になるものがあれば是非チェックしてみてください!

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-グルメ&お出かけ, 男子ごはん