LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

ためしてガッテン 掃除術

ガッテンのシャツの黄ばみを家庭で取る方法!予防法も!

ガッテンのシャツの黄ばみを取る方法
11月1日のガッテン!で放送された「シャツの黄ばみを取る方法&予防する方法」を詳しくまとめてみました!
なかなか落ちない黄ばみですが、台所洗剤を含めたいくつかの洗剤で洗うことできれいにスッキリ落とすことができます。
また、再度つきにくくするための予防法もご紹介します!

スポンサーリンク

シャツの黄ばみの正体とは?

気が付くとシャツの襟裏が黄ばんでいることってありますよね。

この「黄ばみ」の正体は何かというと、誰もが持っている「皮脂が酸化したもの」です。
実は皮脂は普通に洗濯してもすべてきれいに落としきることはできません。

ではクリーニングに出すとどうやってきれいにしてくれるのかというと「ドライクリーニング」です。
ドライクリーニングでは「有機溶剤」という油の一種で洗っています。

ですがドライクリーニングに出しても、その時はきれいに見えても時間がたつと徐々に黄ばんでしまう可能性があるそうです。
ドライクリーニングであっても完全に落とすことはできないんですね。

実は皮脂は落とせるのですが、その陰に「たんぱく質=人間のアカ」が隠れています。
水洗いならアカは落とせるのですが、ドライクリーニングでは落とすことができません。

黄ばみを落とす方法とは?

ではどうすれば皮脂もアカも落とすことができるのかというと、クリーニングをした後に「水洗いする」という方法です!
確かにこれであれば皮脂汚れもたんぱく質の汚れも落とすことができますよね。

これはドライクリーニング→家庭で洗濯 の順番が大切で、逆では落ちません。
たんぱく質の上に皮脂がかぶさっているので、皮脂を先に落とす必要があるからなんですね。

クリーニング店でもドライクリーニングの後に水洗いをしてもらえるコースもあるので、しっかりお店でプレスしてほしい場合は両方お願いするといいですね。

黄ばみの原因を家庭で落とす方法は?

家庭でも黄ばみを落とす方法があります。
方法は・・

洗濯洗剤+酸素系漂白剤(粉末)+台所用洗剤

を使う方法です!

台所用洗剤なら油も落とすことが確かにできますよね。
繊維に対しては悪影響もほとんどないそうです。
洗濯洗剤は様々な汚れを落とすことが目的ですが、台所用は油汚れを落とすことに特化しています。

1、台所用洗剤(濃縮タイプ)大さじ1、酸素系漂白剤(粉)大さじ半分、水大さじ2を混ぜ合わせる。
がんこな黄ばみには酸素系漂白剤は粉末がおすすめです!
(ですがウール、シルク、金属繊維には使えないので注意してください)

2、黄ばみに塗る。

3、歯ブラシなどでよくしみこませる。

4、1分を目安に放置する。

5、落ちているか確認しながら十分にすすぐ。

6、洗濯する。

これを3か月に1回行えばきれいなシャツを保つことができます。

全体的に黄ばんだ服を洗うときにも使えます。
その場合には2リットルのお湯40度に同じ合わせた洗剤を溶き、10分間洋服をつけこみます。
汚れが多いときは台所用洗剤を足し、最後に通常通り洗濯機で洗えばOKです。

スポンサーリンク

しっかりきれいにすれば、黄ばみを3か月は予防できるということで、実は黄ばみを落とすと同時に予防もできるというわけなんですね。
是非やってみてくださいね!

まとめ

私もお気に入りのシャツの襟裏が気が付いたら黄ばんでしまっていて、洗ってみてもなかなかスッキリせずショックだった経験があります。
最近はあまりシャツは着ていないのですが、今後のお洗濯にも活かせる知識なのでしっかり覚えておきたいです!

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-ためしてガッテン, 掃除術