あさイチのレシピ レシピ・料理

あさイチだし巻き卵レシピだし汁の作り方&きれいに巻くコツ

0913bf3733bc7b8ca2c422eeced8723b_s
2月25日に放送されたNHKあさイチでは、だし巻き卵を徹底マスターする技が紹介されました!
だし汁のつくり方やきれいに卵を巻くコツなど誰でも上手にだし巻き卵が作れるようになるレシピをご紹介します。
教えてくださったのは料理研究家の斉藤辰夫先生です。

スポンサーリンク

だし巻き卵

材料 2人分

卵 6個
大根 6~7㎝
しょうゆ・サラダ油 各適量
削り節 3g
お湯 カップ1

<A>
みりん 大さじ2
薄口しょうゆ 大さじ1
塩 少々

作り方

1、だしをとる。
茶こしなどに削り節を入れて沸騰した湯をかけてこす。
2、1の半量(100㏄)とAを合わせてよく混ぜる。
※残りのだしはお味噌汁に使ったり、冷蔵庫で保存してまた次の日にだし巻きに使ったりできます。
※甘目が好きな場合はここでお砂糖を加え甘辛くしてもOK!

3、ボウルに卵を割り入れ、菜箸で切るように混ぜる。
★ぐるぐる回すように混ぜるのはNG!空気が入るだけなので、和食の場合は切るように混ぜます。
コシが出て、だしの風味が逃げません。
★混ぜすぎず、少し卵白が残っているくらいでOK

4、3に2を混ぜる。

5、卵焼き器を中火で熱し、サラダ油をひき、卵焼き器全体によくなじませる。
少しだけ4を入れ、卵焼き器が温まっているかを確認したら、玉杓子1杯分の4を入れて全体に広げる。
★温まっているかの確認の仕方は、菜箸に少し卵液をつけフライパンに付けてみてジュッといい音がすればOK!

6、表面が固まったら、すみから菜箸で少しはがし、奥から手前に少しずつ巻き込んでいく。
巻き方は、巻いた端を箸でつまみ卵焼き器を上げて下げながら布団をたたむように卵をたたんで巻いていく。

7、空いたスペースに油を引き、巻いた卵を奥に寄せ、手前の空いた部分にもサラダ油を引き直し、温度が十分熱いことを再確認しながら手前に玉杓子1杯分の4を入れて奥から巻き込んでいく。
★再度流し込んだ後は、気泡ができていたら箸で潰して巻く。そのほうが出来上がりがきれいになる。

8、7を3~4回繰り返す。
最後は形が悪くても大丈夫なのでもう1度返し、卵焼き器の角で角の形をつける。

9、8を巻きすにとって巻き、形を整えてしばらくおく。

スポンサーリンク

10、大根の皮をむき、おろし金ですりおろす。
余分な水気をきる。
※水気を切るのにも巻きすが使えます!巻きすの上に大根おろしをのせ、真ん中に寄せ水気を切ります。
巻きすを使うメリットは、真ん中に細長く寄せた状態だと人数分の大根おろしを分けやすい点です!
箸で簡単に切り分けることが出来ます。
また、大根おろしの出た汁はお味噌汁などに入れて使えます。

11、9を切り分けて器に盛り、10を添えてしょうゆをかけ完成!

多少焦げても香りがよくおいしいそうです。
お弁当にもぴったりなレシピですね!
是非ご家庭でも作ってみてください(^^♪

だし巻き卵のアレンジレシピ

当ブログで人気のだし巻き卵のアレンジレシピはこちらです。

きょうの料理
お祝いの席にも使える!大原千鶴先生のたらこだし巻きレシピ

斉藤先生の本はこちらです。

同じ日に放送された「レジェンドキッチン」パンケーキ&スクランブルエッグレシピ

同じ日に放送された「レジェンドキッチン」ビル・グレンジャーさんのパンケーキ&スクランブルエッグレシピはこちらです。
ビル・グレンジャーのふわふわ絶品パンケーキ&スクランブルエッグレシピ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-あさイチのレシピ, レシピ・料理