レシピ・料理

-, , ,

たけしの家庭の医学サバ缶の玉ねぎマリネのレシピ、BATを増やし内臓脂肪を減らす!

2018/11/09

サバ缶の玉ねぎマリネのレシピ
6月26日のたけしの家庭の医学で放送された「内臓脂肪を減らすBATを増やす食材を使ったレシピ サバ缶のたまねぎマリネ」の作り方をご紹介します☆
ダイエットも運動もしなくても勝手に内臓脂肪を減らしてくれる効果があると言われているBATを増やす効果があるといわれている食材を使ってできる常備菜のレシピです。

スポンサーリンク

BATとは?

BATとは細胞群のことで、この細胞を刺激したり、増やしたりすることで内臓脂肪が勝手に燃やされを減らすことができる可能性がわかってきています。

もともと肥満改善や糖尿病予防のため最先端の研究がおこなわれている細胞で、体内で脂肪を燃やして体温を上げる役割を持っています。
つまり燃料として内臓脂肪を使っているんですね。

筋肉を動かした際の脂肪燃焼効果を4とすると、BATが活性化した際の燃焼効果はなんと300~400と70~100倍もの燃焼効果があるということがわかっています。

1年で考えると約1キロ体重を抑えることができるということも考えられています。

鎖骨や背骨の脇のあたりにあり、褐色脂肪細胞ともいわれていますね。
これは赤ちゃんの頃最大量持っており、年齢と共に徐々に減っていってしまいます。

ですが最近の研究で一度減ってもまた増やせるということがわかってきているそうです。

増やす効果がある食べ物

BATは消化器にもあり、トリップチャネルと言われています。

3つのチャネルがあり、

グループ1・・・黒コショウ、赤唐辛子、青魚、しょうが
グループ2・・・わさび、たまねぎ、からし、にんにく
グループ3・・・ミント

などがその効果を持っています。

トリップチャネルは辛さも感知するため、唐辛子や辛みの強い食材などが増やすことに効果があるんですね。
さらにDHA・EPAなどがセンサーを刺激します。
ミントはメントールの成分が違うセンサーを刺激してくれます。

これらを使ったレシピがこちらです☆

サバ缶のたまねぎマリネ

材料

サバの水煮缶 1缶
赤唐辛子 1本
たまねぎ 1個
しょうが 1かけ
ミント 5g

しょうゆ・みりん・酢 各大さじ1

近くのスーパーにミントが売っていない!という方はこういうタイプもお勧めです。

作り方

1、たまねぎは薄切りにする。
耐熱容器に移す。

スポンサーリンク

2、しょうゆ、みりん、酢を加える。

しょうゆ、みりん、酢で作る三杯酢の効果でミントが食べやすく和のテイストにすることができます。

3、しょうがをすりおろして加える。
とうがらしも加え、軽く混ぜ合わせる。

4、500~600Wの電子レンジで2分加熱する。

5、サバ缶を汁ごと加える。
サバの身をあまり崩さずに、食感を残すのがポイントです。

EPAやDHAが豊富な汁ごと加えることでBATをさらに増やすことができます。

6、ミントを加えて完成です。

アレンジレシピ

このマリネを使ったおすすめアレンジレシピがこちらです☆

オープンサンド

1、パンをトーストする。

2、粒マスタードを塗る。

3、サバ缶のたまねぎマリネを乗せたら完成です。

春雨サラダ

1、春雨をゆで、しっかりと水切りをする。

2、マリネと和え、ナンプラー小さじ1で味付けをする。

冷や汁

1、味噌で味を調える。

2、マリネを加え、炒りごま、ごま油を加える。

どれもとてもおいしそうですね。
サンドイッチにしたり、パスタの具にしてもおいしそうだなと思いました。
是非作ってみてくださいね。

まとめ

BATってつまり褐色脂肪細胞のことですよね。
食事外だと寒冷刺激が増やすことに効果があるということも紹介されましたが

食事の方はより手軽にできるかもしれませんね。
ちなみに寒冷刺激は中に保冷剤を入れて使うアイスベルトを首に2時間ほど毎日巻くと効果があるとNHKの番組で以前紹介されていました。
(ただしやりすぎには要注意ということでした)

勝手に痩せることができたら最高でよね。
是非食生活にトリップチャネルを刺激する食材を取り入れてみてくださいね。

おすすめ関連記事

こちらのレシピもトリップチャネルを刺激するレシピです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-レシピ・料理
-, , ,