LIFE.net

TVで話題のレシピを中心に、ダイエットや暮らしに役立つ情報をご紹介します。

レシピ・料理

-, ,

栗原はるみさんのベイクドチーズケーキのレシピ。簡単にプロの味。

2018/12/06

ベイクドチーズケーキ
きょうの料理で放送された「ベイクドチーズケーキ」の作り方をご紹介します!
失敗なしで作ることが出来るレシピなので、プレゼントやパーティーにもピッタリだと思います。
冷凍もできるので、作り置きしておくのもよさそうです。

スポンサーリンク

ベイクドチーズケーキ

材料 直径18㎝の底が抜けるタイプの丸型1台分

ビスケット(クッキー、柔らかいものを使った方がよい) 100g
バター 30g(室温に戻しておく)
クリームチーズ 200g(室温に戻しておく)
グラニュー糖 カップ1/2(90g)
卵 2個
生クリーム カップ1
薄力粉 大さじ3
レモン汁 大さじ1

作り方

1、ビスケット(もしくはクッキー)をポリ袋に入れて、麺棒などで上からたたいて粗くつぶす。
☆土台にします。

2、1に室温に戻して置いたバターを加え、練りつけるようにして砕いたビスケットをバターでつなぐようにしてまんべんなく混ぜる。

3、ケーキ台の底、サイドに合わせて切ったオーブンシートを敷き、そこに2のビスケット生地を敷く。
袋の中に手を入れて押し付けるようにして貼りつけていくと手が汚れません。
厚さは均一になるように注意します。

スポンサーリンク

4、室温に戻して柔らかくしておいたクリームチーズをボウルに入れ、ハンドミキサーで混ぜる。
そこにグラニュー糖、卵、生クリームの順に加えさらに混ぜる。
生クリームを加えたらもったりするまで混ぜる。
☆それぞれの材料を加えたらその都度混ぜてください。

5、薄力粉をふるいながら4に加える。

6、ゴムベラでさっくり混ぜる。

7、レモン汁を加えてさらに混ぜる。

8、3のケーキ台に流し入れる。

9、流し入れたら軽く型を落として空気を抜く。

10、160~170度に温めたオーブンで40~45分焼く。

11、焼けたら粗熱が取れたら型から取り出す。
切り分けて完成です。

切り分けたものをそのまま冷凍して、必要な時に解凍してもおいしく食べることができます。

まとめ

チーズケーキはケーキの中でも初心者でも割と失敗しづらいものだと思います。
私もスイーツづくりは得意というわけではありませんが、チーズケーキはいつも適当に作っても笑 上手に出来るのでいざ!という時に役立っています。

好きな人も多いですし、チーズを使っているので生クリームたっぷりのスポンジケーキやチョコケーキに比べて何となく体にもよさそうな気もしますよね(体にいいかどうかはわかりませんが・・笑)

出来上がってすぐを食べるのもおいしいですが、しっかり冷やして次の日に食べるのも本当においしいです。
ずっしりしたベイクドチーズケーキはおなかにもたまりますし、少しでがっつりしたおやつになるのもいいですね。

甘さ控えめにして子供にもそのうち食べさせてあげたいなぁと思いました。
是非みなさんも作ってみてくださいね!

おすすめ関連レシピ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-レシピ・料理
-, ,