レシピ・料理

-

焼き芋のおならが出にくくなる食べ方とは?皮のまま食べるだけ。ハナタカで紹介。

おならが出にくいさつまいもの食べ方

11月8日のテレビ朝日、日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館で放送された「おならが出にくくなるさつまいもの食べ方」をご紹介します☆
焼き芋やふかし芋、スイートポテトや大学芋など様々な調理法でおいしく食べられる秋の味覚さつまいもですが、おならが出やすいのがエチケットとして少し気になるお芋でもありますよね。
気になるおならが出にくくなる、おすすめの食べ方があるってご存知でしたか?
是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

なぜさつまいもを食べるとおならがでるの?

さつまいもはとってもおいしいですが、なぜおならが出やすくなってしまうのかというと主成分に原因があります。

主成分はデンプンなのですが、これは消化しにくいため腸の蠕動運動が活発になり、ガスが発生しやすくなるからなんですね。

ではどうすればこのガスの発生を抑えることができるのでしょうか?

おならを防ぐことができる食べ方

実はとっても簡単で「皮ごと食べる」ことでガスの発生を抑えることができるんです。

皮には腸内環境を整える働きがあり、おならが出にくくなる可能性があると考えられています。

できれば皮は向かずのそのまま食べたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

実家が野菜を作っているのでさつまいもはよくもらいますが、この方法がベストとは知りませんでした。
是非みなさんも試してみてくださいね。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-レシピ・料理
-