LIFE.net

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

病気対策法・健康 美容 金スマ

金スマの体幹リセットダイエット、やせるエクササイズのやり方5つ!1日5分で!

体幹リセットダイエットのやり方

12月15日の金スマで放送された「体幹リセットダイエットのやり方」をまとめてみました!
1つのエクササイズがなんとたったの1分で、1日5分を1回でOKという無理なく続けることができるエクササイズを取り入れた方法です。
モデル体幹筋という筋肉を使えるようになることで、基礎代謝が上がり脂肪を燃焼しやすい体質に変えていくことができます。

エクササイズのやり方や、食事の仕方もご紹介します!

スポンサーリンク

体幹リセットダイエットとは?

体幹リセットダイエット」とは、今話題の本モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエットで紹介されているダイエット法で、

・1つのエクササイズが1分 1日5分でOK
・2週間で回数を減らしていっても大丈夫
・やりすぎると体が慣れてしまい、効果が薄れてしまうのでエクササイズは1日1回でOK

という誰でも手軽に取り組みやすいダイエット法です。

そもそも「体幹」とは、頭と手足を除いた胴体部分のことで、腹横筋、大殿筋、大胸筋など人体を支える大きな筋肉の60%があるといわれています。

体幹筋を鍛えて脂肪燃焼体質に!

この体幹の筋肉をしっかり使えるようになると何もしなくてもカロリーを消費する「基礎代謝」が上がり、脂肪を燃焼しやすい体質に変えていくことができます。

よく部分痩せでも気になる場所として取り上げられる

・浮輪肉がついてしまったおなか回り
・下腹ぽっこりおなか
・ふとましくなってしまった太もも
・ふりそで二の腕
・大きくなってしまって、下がりも気になるヒップ

などなど・・
気になる部分も自然にほっそりとする効果もあるそうです。

では実際のエクササイズのやり方をご紹介します!

エクササイズのやり方

では1日5分でいいという簡単なエクササイズを5つご紹介します!
1番から5番まで順番に行うのがポイントです。

1、寝そべって行うエクササイズ その1

1、うつぶせに寝る。
両手を頭の後ろに当てる。(後ろで組む)

2、みぞおちが上がるくらい上半身を浮かせて、あごを引く。

3、脚を軽く浮かせて背中をそらす。
太ももも浮かせます。
この状態からスタートします。

4、脚を閉じるようにくっつけ、10秒間内側に押し合う。
脚は浮かせたままです。

5、続いて脚をクロスさせて、開くように外側に10秒押し合う。

これを交互に3セット20秒×3回=60秒行います。
どうしてもつらい場合は上半身を床につけて行っても大丈夫です。

実際にやってみて、この1番が一番きつかったです。

2、寝そべって行うエクササイズ その2

1、うつぶせに寝て、両手の上にあごを乗せる。

2、足首を組んで、ひざを大きく開く。
足首は浮かせます。

3、この状態で太ももを床から6秒間浮かせる。
1㎝でも浮けばOKです。

これを10回行います。
お尻の方の筋肉に刺激を与えることができる運動です。

腰に負担を感じる場合はあごを手から離さないようにします。
また、左右のひざが近すぎてしまうとNGなので意識して行ってください。

3、椅子に座って行うエクササイズ その1

1、椅子に背筋をまっすぐにして浅く腰かける。

2、片側のお尻と脚を3秒間浮かせる。
注意点は、しっかりと胸を張って行うことです。
肩を左右に動かさないように、身体が傾かないように意識します。
お尻の横、椅子に両手をつくと肩を固定しやすくなります。

肩甲骨の下の部分の筋肉が刺激される運動です。

左足3秒を10回、右足3秒を10回行います。

4、椅子に座って行うエクササイズ その2

1、椅子に浅く腰かける。

2、両肘をつかんで、ひざの上に両手を乗せる。

3、そのまま腕を上に上げ、頭の上に通して6秒間キープする。
背筋をまっすぐにキープすることを意識して行います。

6秒×10回行います。

5、しゃがんだ状態から全身を伸ばすエクササイズ

1、手をついてしゃがむ。
この時手は足の前に、かかとは浮かないように意識します。
おしりは床につかないようにしゃがみます。

2、3秒かけて全身を一気に伸ばす。
脚はつま先立ちになり、腕はバンザイして上に伸ばします。

3、3秒かけて元の姿勢に戻る。
伸びる動きを3秒、しゃがむ動きを3秒これを10回繰り返します。

これを最後に行うことで、体幹全体の筋肉が鍛えられます。

スポンサーリンク

これらのエクササイズを紹介してくれた佐久間健一先生のyoutubeチャンネルもありました。
動画で見てみたいという方はチェックしてみてください。

食事のとり方

食事のとり方にもポイントがあります。

・1日3食はきちんと食べる。
・たんぱく質をしっかりととる。
食事はしっかりと食べないと筋肉量が落ちてしまいます。適量を守って食べることが大切なんですね。

・朝ごはんは起きてから30分以内に食べる。
ちなみに朝ごはんは温かいものを食べると睡眠で下がった体温が上がり免疫力アップにもいいそうです。
お味噌汁や、スープ、ホットヨーグルトなどがおすすめです。


などなど。
詳しくは本に書かれていると思うので、しっかりやり方はチェックしてみてください。

また、ミスユニバースの方などの食事指導の内容としても紹介されていた、間食のとり方も記事にまとめています。
おやつにおすすめの食材やお菓子の食べ方も紹介しているので、是非こちらも参考にしてみてください。

効果は?

2か月でも十分効果があるという方法ですが、今回金スマでは3か月検証として3か月4名の方が挑戦しました。

今回挑戦したのは
女優の 比企理恵さん 159㎝、57.1キロ、体脂肪率32.6%、へそ周り91.5㎝(52歳)
歌手の クリス・ハートさん 175㎝、116.6キロ、体脂肪率35.6%、へそ周り116㎝(33㎝)
金スマのADの男性・女性1人ずつ です。

比企さんは中性脂肪も高く、軽度高血圧の状態でした。
また比企さん、クリスさんともにへそ周りがメタボの基準を超えてしまっていました。

比企さんは1週間で1キロ減量、その後エクササイズの回数を少し減らしていました。
エクササイズのしすぎも刺激に体がなれて代謝が落ちてしまうんだそうです。

2か月で比企さんは50キロ程度にまで落ちていました!
2か月たつと勝手に痩せていく時期に突入するということです。

最終的には平均で14キロもやせていました。
3か月で10キロ以上というのはすごいですね!

まとめ

やはり痩せるためには筋力を上げて、代謝をアップさせることが効果的なんですね。

私も体を鍛えることは結構好きなので早速やってみましたが、1つ1分と言ってもその1分がとても長く感じられるきついエクササイズです笑

なので、楽に!というわけではないと実感しましたがこなさないといけない回数は少ないので先が見えている分きつくてもがんばれるなという印象を受けました。
私はエクササイズの1番が一番きつくて、最後にいくにつれて体が伸びる、ほぐれるような感じがしてとても気持ちがよかったです。
終わった後も体がすっきりする感じがしました。
せっかくなので続けてみたいと思います。

みなさんも是非挑戦してみてくださいね!

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-病気対策法・健康, 美容, 金スマ