LIFE.net

【ライフドットネット】野菜ソムリエNamiのレシピサイト

レシピ・サイト内検索

レシピ・料理

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減の6つのコツを紹介。

更新日:

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減のコツを紹介。

NHKあさイチで話題になった『豆苗の再生栽培の仕方・育て方のコツとポイント』をご紹介します。

繰り返し楽しめる豆苗ですが、上手に成長させるための水やりのポイントや刈り取る際の切る位置など、成長させるためのコツを画像付きで詳しくまとめました。

豆苗メーカーの方が教えてくれる方法です。
是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

豆苗の再生栽培の仕方

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減のコツを紹介。

1回買うと繰り返し育てて成長した分を切り取って食べることができる『豆苗』は、節約にも役立つ食材です。

ただし育て方を失敗してしまうとうまく生えてこなかったり、カビが生えてしまうなんてことも。
今回は上手に繰り返し生えてくる、育て方のポイントをご紹介しますね。

容器

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減のコツを紹介。

1つ目のポイントは『容器の大きさ』です。

豆苗を入れる容器が小さいと水の量も少なくなってしまいます。
そのため十分な大きさが必要になるんですね。

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減のコツを紹介。

目安は豆苗を入れた際に指が1本端に入る余裕があるくらいの大きさです。
あまり小さい容器にぎゅーぎゅー詰めに入れないように注意してくださいね。

水の量

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減のコツを紹介。

2つ目のポイントは『水の量』です。
水の量は少なすぎず、ある程度の量があったほうが成長にはいいんです。
ただし入れすぎはNG。

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減のコツを紹介。

水の量の目安は、豆より下の位置までの量です。
豆の上より多く入れてしまうとカビの原因になるため注意してください。

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減のコツを紹介。

水換えは1日1回、つぎ足すのではなく必ず全て捨てて新しく入れ替えるようにするのも上手に成長させるためのポイントです。

日の光

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減のコツを紹介。

3つ目のポイントは『日光をしっかり当てること』。

成長には日の光、明るさも大切になります。
そのため日に当ててあげることが大切です。

室内であれば窓がない場合はキッチンよりも、明るい窓際に置くのがベストです。
ただし真夏は光が強く水が悪くなりやすいので直射日光は避けるようにしてあげてください。

切る位置

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減のコツを紹介。

4つ目のポイントは『切る位置』です。

豆苗を再生栽培しようと思ったとき、豆のついている根っこの部分を残してカットしますよね。
そのカットする位置が実はとても大切なんです。

スポンサーリンク

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減のコツを紹介。

切る位置は豆の3㎝程上、葉っぱが出ている部分の必ず上を切るようにします。
そうすると次に生えてくる分がしっかり生えるようになります。

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減のコツを紹介。

よく見ると豆から上の位置に『わき芽』という芽が2つ出ているのがわかると思います。
画像にわかりやすいように、1本の茎の中で芽を探して『1』『2』と書いてみました。

その2つのわき芽を残すように切るのがポイントになります。

1本1本わき芽の位置が違う場合もあるので、ざっくり豆の3㎝上と覚えておいて見てもよくわからない場合は3㎝上を目安に切ってみてください。

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減のコツを紹介。

1つ目のわき芽はわかりやすいですが、2つ目がわかりにくい場合があります。
その場合は1つ目のわき芽だけでもよけて切ってあげてください。

もう生えない豆は捨てる

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減のコツを紹介。

5つ目のポイントは『落ちた豆は捨てる』ということ。
豆苗を逆さまして振った時に、ぽろっと落ちてくる豆があれば捨ててしまって大丈夫です。

この落ちた豆からはもう生えてこないので、残しておいても傷んでしまうだけなんですね。

傷んでしまうと他の豆苗に悪さをするため捨ててしまうのがベストです。

成長が早い茎は先にとる

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減のコツを紹介。

最後のポイントは『成長が早い茎は先に摘み取る』ということ。
成長が早い茎が出てきた場合は先に摘み取り、先に食べてしまうようにします。

これは残しておくと成長が進み、硬くなってしまうためです。

硬くなるだけなので、残しておいても成長には支障はないですが先に摘み取っておくことで全て柔らかいまま美味しく食べることができるようになります。

摘み取ったものも食べられるので、お味噌汁の中などに入れて使ってくださいね。

成長にかかる日数

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減の6つのコツを紹介。

実際にこの方法で育てた豆苗がこちらです。

かなりふっさふさに成長しました!

豆苗の育て方と再生栽培方法。切る位置や水加減の6つのコツを紹介。

上から見るとこんな感じです。
2パック分になります。

成長にかかる日数を調べてみたところ

・冬場などの寒い時期 2週間程度

かかりました。

私の住んでいる地域と家の日当たりも関係していると思いますが、参考にしてみてください。

再生栽培は何回まで?

最後に、再生栽培は何回までできるのか?という点ですがメーカーの方によると『2回くらいまで』が美味しく食べられる回数として推奨されているそうです。
つまり買ってきてから合計で3回食べられるということです。

ただ上手にやれば4~5回生やすことは可能です。
ただしこの場合、生えてはきますが栄養価は徐々に落ちてしまうそう。

どうしても豆の栄養を使って生やしているため、回数を重ねるごとに栄養価が減ってしまうんですね。

そのため2回くらいまでが美味しく食べられる回数なんだとか。

もちろんその後も生やすことはできるので、最後は観葉植物として楽しむというのもありですよね。

以上『豆苗の再生栽培・育て方』のご紹介でした。
是非試してみてくださいね。

おすすめ関連記事

こちらもおすすめです。

豆苗の人気レシピ8品まとめ。簡単サラダやスープ、絶品炒め物まで。
豆苗の人気レシピ16品まとめ。簡単サラダやスープ、絶品炒め物まで。

スポンサーリンク 節約食材としても使えて栄養価も豊富な『豆苗を使ったレシピ16品』をご紹介します。 生で食べられるサラダやスープ、定番の炒め物まで当サイトでも人気のメニューをまとめました。 実際に作っ ...

\ レシピ動画も配信中 /

YouTubeでレシピ動画も配信しています。
チャンネル登録も是非よろしくお願いします。

スポンサーリンク

おすすめ記事

日焼け止めが服につかない方法3選。服が白くならないタイプも紹介! 1

スポンサーリンク NHKあさイチで話題になった『日焼け止めが服につかなくなる方法とつかないタイプの商品』をご紹介します。 日焼け止めを塗っていて、大切な服につけてしまい白く跡が残って困ることってありま ...

合格!野菜ソムリエの試験の難易度とかかった費用の体験談を紹介。 2

日本野菜ソムリエ協会が認定している『野菜ソムリエ』の資格取得試験に無事1発で合格しました。 スポンサーリンク そこでこれから受験を考えている方の参考になればと思い、実際の試験の難易度と取得までにかかっ ...

老け手を解消するお手入れ方法。プロが勧める手の甲のケアも紹介。 3

ふと自分の手元を見た時に、しみやしわが気になりがさがさになっていてショックだったことありませんか? スポンサーリンク 老けて見える手、つまり老け手とはしみやしわ、さらには血管まで浮いている手のこと。 ...

そうめんのレシピ16品まとめ。絶品つゆ・子供に人気のメニューも! 4

夏に美味しい【そうめんの絶品レシピ24品】をご紹介します。 スポンサーリンク 子供に人気のメニューから、温かいつゆで食べるにゅうめんのレシピ、簡単にできて本格的で美味しい絶品つゆ・アレンジまで実際に作 ...

冷やし中華のレシピ12品。絶品たれ・簡単&人気の具材アレンジも! 5

スポンサーリンク 夏に美味しい【冷やし中華のレシピ13品】をご紹介します。 プロの絶品たれから、簡単にできて子供にも人気の具材アレンジまで実際に作って美味しかったものだけをまとめました。 ダイエット中 ...

梅のレシピ7品まとめ。完熟梅から青い梅まで使える料理を紹介。 6

6月ごろから出回る【梅を使った料理のレシピ12品】をご紹介します。 スポンサーリンク 黄色く香りのよい、幅広い用途に使える完熟梅からまだ青い梅の活用法まで、常備菜・作り置きにも便利なレシピをまとめまし ...

新玉ねぎのレシピ11品まとめ。人気簡単メニューやプロの料理まで。 7

スポンサーリンク 3~4月の春に旬を迎える【新玉ねぎを使った人気レシピ12品】をご紹介します。 簡単にできるマリネから炒め物、ドレッシング、新生姜の酢じょうゆまで様々なバリエーションがあるので献立に困 ...

とうもろこしの人気レシピ10品。簡単おかずから絶品アレンジまで。 8

スポンサーリンク 6月~9月中旬ごろの夏から初秋にかけて旬を迎える【とうもろこしの人気レシピ20品】をご紹介します。 基本の蒸し方、加熱方法から簡単にできるおかずになるレシピ、子供にも人気のアレンジま ...

人気のメロンのレシピ13選。デザートからおかずになる料理まで紹介。 9

スポンサーリンク メロンはそのままでももちろん美味しいフルーツですが、デザートや料理のおかずに使っても美味しく食べられる食材の1つです。 今回は当サイトでも人気のレシピや簡単に出来るメロンを使った料理 ...

スイカの人気レシピ7品。デザートからおかずになるメニューまで。 10

スポンサーリンク 夏に美味しい『スイカを使ったレシピ9品』をご紹介します。 当サイト『LIFE.net【ライフドットネット】』でも人気の、デザートになるメニューからおかずになるレシピ、皮まで無駄なく使 ...

-レシピ・料理
-

© 2022 LIFE.net Powered by AFFINGER5