LIFE

料理のコツ・レシピ・健康・ダイエットなど主婦目線の気になる情報発信サイト

ためしてガッテン ためしてガッテンのレシピ

ガッテンのごぼう茶&素揚げレシピ&ゴボウの甘みをアップさせる保存方法も!

ガッテンのすりおろしゴボウ
6月21日のNHKガッテン!の「ゴボウ特集」で放送された「ごぼう茶の作り方&素揚げのレシピ&ゴボウの甘みをアップさせる保存方法」についてまとめてみました!
食物繊維が豊富な野菜として有名ですが、保存方法を工夫することで甘みのあるおいしいごぼうにすることができます。

スポンサーリンク

セルビアでも親しまれているゴボウ

日本だけではなく海外でもごぼうは親しまれている野菜です。
特にセルビアでは健康効果に着目し、多くの人に愛されているんだそうです。

特にごぼう茶は健康茶として古くから親しまれています。

ただ、ごぼう自体はセルビア正教の司祭さん、正教徒の方しか食べないんだそうです。
ごぼうは体に残っている動物性食品を出し、体を清めてくれる食べ物として使われているということでした。

ごぼうが食物繊維が豊富なのは有名ですよね。
食物繊維は不溶性と水溶性がありますが、ごぼうにはこの2つが大量にバランスよく含まれているんです。

さらにごぼうに含まれる水溶性食物繊維は血糖値の急上昇を抑えてくれると考えられています。

セルビア流ごぼう茶の作り方

セルビア流のごぼうの茶の作り方も紹介されたのでまとめてみました!

1、皮はむかずに薄く切る。
2、乾燥するまで天日干しにする。
お好みでフライパンで乾煎りすると風味が出ます。
3、飲むときは熱湯を注ぎ、5分程度待てば完成です。

私も好きですが香ばしくておいしいんですよね。
是非飲んでみてくださいね!

作るのが手間・・・という場合は市販もあるのでおすすめです(´▽`)

ゴボウの甘みをアップさせる保存方法

生産者の方もびっくりだったという、ごぼうの甘みをアップさせる保存方法が「冷やす」というものです!
掘り起こした後冷蔵庫の中で長時間冷やすと甘くなるんだそうです。

スポンサーリンク

ごぼうは糖分を使って成長していきます。
イヌリンという成分が糖を出し成長させるのですが、育ち切る前に一般的には収穫されます。

つまりこのイヌリンがまだ含まれた状態で収穫されるんですね。
このイヌリンは冷蔵庫に入れられると寒さで糖を出します。
糖を出すとごぼうが凍りにくくなるためなんだそうです。

それで冷やすと甘くなるんですね。

ごぼうを買ってきたら必ず冷蔵庫に入れて冷やして保存するようにしたいですね!

注意点としては・・
・感想を防ぐために袋のまま保存する。
・チルド室でも野菜室でもOK!
・土付きの場合は数か月、洗ってあるごぼうの場合は1か月を目安に食べる。

覚えておいてくださいね(´▽`)

甘いごぼうを使ったおすすめレシピ 素揚げの作り方

農家さんによると一番のおすすめ料理は「素揚げ」だそうです!

1、皮はむかない。
2、長さ5㎝程度にそろえて切る。
3、太いとロコは4等分に切り、細いところは2等分に切る。
4、片栗粉をまぶす。
5、160度の揚げ油で6分間揚げる。

簡単なので是非やってみてくださいね!

まとめ

ごぼうは産後よく食べていましたが糖質が気になって最近は買っていませんでした。
食物繊維が豊富で揚げ物にしてもおいしいですよね(´▽`)

すりおろして使ったことはなかったので今度やってみたいと思います!

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

-ためしてガッテン, ためしてガッテンのレシピ