林修の今でしょ!講座 病気対策法・健康

林修の今でしょ講座鼻風邪・鼻水の治し方!鼻づまり解消にも!

風邪・鼻水の治し方!鼻づまり解消

1月9日の林修の今でしょ!講座で放送された「鼻風邪・鼻水の治し方」をまとめてみました!
鼻水が止まらないときの対処法・鼻詰まりの解消法など鼻かぜが辛いときにぜひとも試したい方法です。
医師100人がおすすめする名医が実際にやっているという方法です。

スポンサーリンク

そもそもなぜ鼻水がでるのか

鼻は柔らかい粘膜でできているため、ウイルスが付着すると繁殖しやすい環境になっています。

そのため、鼻水やくしゃみですぐに追い出しているんですね。

鼻の粘膜が敏感な人は、風邪が鼻から来るタイプの人が多いそうです。
アレルギー性鼻炎や花粉症を持っている人も同様です。
また、疲れているときも粘膜が敏感になりやすくなります。

体調管理には注意したいですね。

では続いて対処法をご紹介します!

鼻水が止まらない時には「れんこんのしぼり汁」

すりおろした「れんこん」のしぼり汁を鼻に塗ると止まらない鼻水を止める効果があります。

れんこんに含まれているタンニンというポリフェノールの一種が炎症を抑えて症状を緩和してくれます。

また、れんこんのねばねば成分である糖タンパクを鼻の内側に塗ることで、粘膜を保護することができます。
バリアとなり、ウイルスの付着を防ぐことができるんです。

やり方

1、れんこんをすりおろす。

2、ぎゅっと絞り、しぼり汁を作る。
ガーゼなどで包んで絞ります。

3、綿棒に絞り汁を付けて、患部(鼻の内側)に塗る。

朝・昼・夜の1日3回塗るのがおすすめです。
れんこんは食べてもインフルエンザや風邪予防になりますし、万能ですね。

注意点

鼻に塗る前に二の腕の内側などの柔らかい部分に塗ってみて、パッチテストを行って下さい。
赤くなったり、かゆみが出たりして自分の体に合っていない場合はやめるようにします。

搾りかすを使ったレシピ

残った搾りかすはおいしくいただいて、食べて風邪予防に役立てることができます。

スポンサーリンク

足湯をする

鼻が詰まっているときに足湯をすると、血液の流れがよくなり呼吸が楽になります。
足湯をすると足の毛細血管が広がります。
また足には長い血管があるため、温めることで一気に血流がよくなります。
その結果、鼻の毛細血管も広がり、鼻詰まりを解消することができるんですね。

42度のお湯に15分つかり、足を冷やさないように終わったらすぐに靴下を履くことが大切です。

蒸しタオルで鼻を温める

蒸しタオルをすることで、鼻の粘膜の血流がよくなり、一時的ではありますが症状が改善します。

この時、40度前後のお湯で蒸しタオルを作るのがおすすめです。

毛細血管の拡張と、鼻の加湿効果があります。
即効性があるので、足湯と使い分けるとよさそうですね。

まとめ

風邪は一度かかるとなかなか治らないときもあったりできればかからないようにしたいものですよね。
是非対処法、実践してみてくださいね!

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-林修の今でしょ!講座, 病気対策法・健康