LIFE.net

TVで話題のレシピを中心に、ダイエットや暮らしに役立つ情報をご紹介します。

健康

-

エゴスキュー体操のやり方。主治医が見つかる診療所で紹介、歪みや痛み解消に効果的。

2019/03/08

エゴスキュー体操のやり方。主治医が見つかる診療所で紹介、肩こりに!

3月7日の主治医が見つかる診療所で放送された「エゴスキュー体操のやり方」をご紹介します。
ひざ、腰、肩、首などの痛み改善やゆがみの解消やダイエットに効果のある運動法です。
寝転んで出来る骨盤の歪みや腰痛に効果的な方法と、肩こりなどに効果的なエクササイズをご紹介します。

スポンサーリンク

エゴスキュー体操とは?

「エゴスキュー体操」とは、ピート・エゴスキューという方が考案されたアメリカで生まれた体操で1日2~3分簡単なポーズをするだけで体の歪みが取れ、様々な痛みの解消に効果が期待できるというメソッドです。

日本では整形外科医の先生が医師としての支点のもと、ご紹介されているこちらの方法が有名ですね。

腰・ひざ・肩の痛みが消える! エゴスキュー体操DVDブック (アメリカで大人気の超簡単メソッド)

膝や肩、腰痛、首痛などだけではなく、股関節通や外反母趾の痛みにも効果が期待できるケースもあると話題になっています。
また体の歪みが治ることで代謝アップの効果も期待できるため、ダイエットにもなるというエクササイズです。

ではご家庭でも試すことができるやり方をご紹介しますね。

骨盤の歪みをチェックする方法

まず初めに自分の歪みが分かる、チェック法をご紹介します。

1、壁に背中をつけて立つ。

2、壁と腰の隙間に手を差し込む。

手首まですっと手が入る人や、逆に隙間がなくて手が入らない人は骨盤が歪んでいます。
手の甲の中央辺りまで入る人は歪んでいません。

もう1つの方法が、その場で足踏みするという方法です。
床に目印をつけておき、目をつぶった状態で30回程度その場で足踏みします。

目印から動いていなければ歪みはありませんが、前斜めや後ろ斜めなど印から大きくずれてしまう人はその方向に骨盤が歪んでいる可能性があります。

もし歪みがあっても、次にご紹介する体操で改善が期待できるので是非やってみてください。

骨盤の歪み、腰痛に効くエゴスキュー体操のやり方

寝るだけ体操

続いて骨盤の歪みの度合いに関係なく行うとよい基本のエクササイズがこちらです。

1、台の上などにクッションを置き、足を乗せる。
足がL字に曲がるようにしておき、寝転びます。

これだけで股関節や骨盤などが正しい位置に導かれます。
膝と股関節の角度が90度になるようにします。
膝と膝の間の隙間はこぶし1個分になるようにします。

手のひらは上向きにして、身体から離した位置(45度くらいの位置)に置きます。

2、5~30分リラックスしてこの姿勢をする。

風車体操

日ごろ動かさないことが多い、腰回りの筋肉である大腰筋や腰方形筋を動かすことができるエクササイズです。
骨盤の位置を改善する効果が期待できます。
脇腹をひねることで、ウエスト痩せ効果も期待できます。

1、壁にかかと、お尻、背中、頭をつけた状態で立つ。

2、両腕を真横に伸ばして、手の甲を壁にくっつける。

3、足は握りこぶし1個分開き、指は正面を向く。

4、姿勢を保ったまま、上半身をやじろべえのように左右に5回、合計で10回傾ける。
この時上半身ごと倒すイメージで、倒すときに息を吐きます。

5、続いて足幅を握りこぶし3個分に開き、同様に姿勢で左右に5回、合計で10回傾ける。

6、同じく足幅を握りこぶし6個分に開き、同様に姿勢で左右に5回、合計で10回傾ける。

7、最後に握りこぶし1個分に戻し、同様に姿勢で左右に5回、合計で10回傾ける。

膝を倒す体操

続いて腰痛に効くエクササイズです。

1、上の姿勢のまま、足を台からおろす。
親指以外の足の指がまっすぐ前に向くようにして、座る。
寝転んだ時に膝の角度が90度になるようにする。

2、寝転んだら足の幅を少し広げる。
指先がハの字にならないようにする。

3、両膝を左右に(同じ方向に)交互に倒す。

10回を2セット行います。

猫のポーズ

3つ目はヨガの猫のポーズを取り入れた動きです。
猫のポーズができる方は同じなのですぐにわかると思います。

1、四つん這いになり、手を肩の下に置く。
手は肩幅に開きます。

スポンサーリンク

2、手を足は動かさず、ぐーっと背中を丸めていく。
視線はおへそを見るようにして、背骨が天井に引き上げられるようなイメージで行います。

3、ゆっくり呼吸をしながら30秒ほどキープする。

4、続いて背中を凹ませる。
(そらせる)
視線は上の方を見ます。
ゆっくり呼吸をしながら30秒行う。

これを繰り返します。

この体操の動画がこちらです。

膝を倒すエクササイズと猫のポーズは妊娠中の妊婦ヨガでも行われていました。
ただし、妊婦さんが行う場合は医師の許可を取ってから行うようにしてください。

肩こり解消の3つのエクササイズ

続いて肩こりなどに効果的なエクササイズをご紹介します。

腕を回す体操

1、指先がまっすぐ前を向くように立つ。

2、親指と親指の間に握りこぶし1個が入るくらいの隙間にする。

3、手のひらを上にして前に腕を伸ばし、親指以外の指を握る。

4、そのまま手のひらを下に向け、腕を体の横まで移動させる。
高さは肩の高さのままです。

5、ぐるぐると肩から腕を30回す。

肘をくっつける体操

1、手の指だけを閉じ、中指をこめかみにつける。
親指は下に向ける。
手のひらは正面に向くようにして、肘が外側に(体に横)になるようにします。
ぐっと胸が開かれて、肩甲骨が自然に寄るような姿勢になります。

手を完全にぐーの形に握らないように注意してください。

2、肘同士をくっつけるように正面で合わせる、
手はそのままを意識します。

3、再び肘を開く。
これを繰り返します。

肘がつかなくても大丈夫です。
2週間ほど続けるとくっつくようになっていきます。

ぐーっと伸びる体操

1、胸の前で手を組み、くるっとひっくり返して外側にむける。
腕をまっすぐ前に伸ばします。

2、ぐーっと頭の上に腕を持っていき、手を見るように天井を見あげる。

3、1分キープする。
肘を曲げないように注意します。

おなかをそらせないように注意してください。
大きく楽に呼吸をします。

基本となる3つのエクササイズのやり方の動画があるので、ご紹介しますね。
是非動画でも動きを確認してやってみてください。

おすすめ関連記事

こちらもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-健康
-