LIFE.net

TVで話題のレシピを中心に、ダイエットや暮らしに役立つ情報をご紹介します。

レシピ・料理

-, , ,

サバ缶とたけのこの味噌汁のレシピ。金スマで紹介の痩せる最強味噌汁。

サバ缶とたけのこの味噌汁のレシピ

2月15日の金スマで放送された「サバ缶とたけのこの味噌汁の作り方」をご紹介します。
1週間飲み続けることで、ダイエット効果が期待できるという味噌玉を使ったレシピです。

是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

サバ缶とたけのこの味噌汁

材料 2人分

たけのこの水煮 80g
サバの水煮缶 1/2缶(100g)
酒 大さじ1
水 300ml

味噌玉

赤味噌 80g
白味噌 80g
すろおろした玉ねぎ 1個分(150g)
リンゴ酢 大さじ1

味噌玉の材料をすべて混ぜ合わせたものを製氷機で小分けにし、2個分を使います。
1個当たり30gが目安です。

作り方

1、 ボウルなどに玉ねぎをすりおろす。

あらかじめ30分~1時間程度冷やしておくと目が痛くなりにくくなります。
また根っこの部分を上にしてすりおろすとバラバラになりにくくなります。
円を描くようにやさしくすりおろします。

2、1に赤味噌、白味噌、リンゴ酢を加え、泡立て器でしっかりと混ぜ合わせる。

3、製氷皿に10等分に分けて入れ、平らにして冷凍庫で2~3時間凍らせたら完成です。
これが味噌玉です。

4、鍋に水、酒、たけのこの水煮を加えて火にかける。

5、味噌玉を溶かしいれ、サバの水煮缶を加えてさっと温めたら火を止める。

6、器によそい、完成です。

ポイント

長生き味噌汁の作り方

1日1杯飲むのがおすすめで、製氷機に入れて凍らせると1個分が1杯分として使うことができます。
だいたい上の量が凍らせる前の1個分です。
冷凍庫に入れ2~3時間で固まり、冷凍庫で2週間保存可能です。

作り置きができるので、飲みたいときにお湯を注ぐだけで簡単に作ることができます。
塩分濃度は1個あたり1.2g程度となっています。

味噌汁ダイエットのやり方

飲むのは朝昼夜どのタイミングでも大丈夫なのですが、1日1杯取り入れるのが目安です。

また「味噌汁ファースト」といい、食事の一番初めに飲むことで血糖値の急上昇などを抑える効果が期待できます。

おすすめ活用レシピ

この味噌玉を使ったおすすめのレシピを多数ご紹介しています。

味噌汁のアレンジ22品

まず、基本的なこの味噌玉を使った味噌汁のレシピがこちらです。
22品のバリエーションをご紹介しているので、是非チェックしてみてください。

チーズトースト

食パンの上に味噌を塗り、チーズを乗せて焼いたチーズトーストもおすすめです。
洋風に楽しめますよ。

味噌ボロネーゼ

ミートソース風に作ったボロネーゼに使うこともできます。
パスタが食べたいときに使えるレシピで、コクもアップしますよ。

しそ味噌

料理愛好家の平野レミさんが考案された、なすとシソを味噌味で炒めたシソ味噌も絶品です。
ご飯がもりもり進むおかずです。

スポンサーリンク

10日間続けた効果は?

今回番組では10日間実勢され、3.5キロ痩せた方も現れました。
食事制限なしで取り組めるので、是非試してみて下さいね。

おすすめ関連記事

その他にもダイエットに役立つレシピを多数ご紹介しています。
是非併せてご覧ください。

こちらもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-レシピ・料理
-, , ,