ソレダメ 料理のコツ&技

ソレダメ湯豆腐・煮物の作り方&茹で方のコツ!和食のプロが教える方法!

ソレダメゆで方のコツ

1月10日のソレダメ!で放送された「おいしい湯豆腐&煮物を作るコツ」をまとめてみました!
和食の名店かどわきさんの煮物と湯豆腐を作る際のコツです。
その他にも覚えておくと役立つ、茹で卵のコツや野菜をゆでる時のポイント、おいしいお肉のゆで方などをご紹介します!

スポンサーリンク

ゆで卵の作り方

茹で卵を作るときは沸騰したお湯に卵を入れて作ります。
水からだと、ゆで時間があいまいになってしまうためです。

入れたときに割れるのが心配な場合は、酢や塩をお湯に入れると中身が流れ出ません。

ゆで時間の目安

ゆで時間の目安は、それぞれ沸騰したお湯で

・固ゆで・・・10分
・半熟・・・6分

です。
あらかじめ室温に出しておいて、温度差をなくすのもポイントです。

オクラをゆでる時のコツ

オクラをゆでる時は、ヘタを切らずに茹でます。
水溶性のビタミンが含まれているので、切ってからゆでると栄養素が流れ出てしまうためです。

じゃがいもやかぼちゃの煮崩れを防ぐ方法

じゃがいもやかぼちゃなどにはペクチンという食物繊維が含まれています。
これは強火でゆでると壊れてしまい、でんぷんが流れ出てしまうため煮崩れの原因になってしまいます。

そのため、弱火でゆでると煮崩れしにくくなります。

豚肉しゃぶしゃぶのゆで方

豚肉のしゃぶしゃぶをおいしく食べるためのゆで方は、沸騰させないお湯で20秒しゃぶしゃぶする、です。

豚肉に含まれるたんぱく質は70度で火が通り、固まってしまいます。

かどわきの煮物の作り方

油抜きの仕方

お湯の中に油揚げを入れ、3分間そのままゆでます。
中の余分な油も抜くことができ、うまみをしっかりと吸ってくれるようになります。

さやえんどうのゆで方

鍋に火をつけ、お湯が沸騰する前にサラダ油を入れる。
油が「油蓋」という落し蓋の役割をしてくれるため、短時間でゆでることができます。
油の量は家庭のお鍋だと大さじ1が目安です。

スポンサーリンク

さやえんどうが膨れてきたら完成です。

茹でたらすぐに冷水にとります。
冷水にとることで、加熱を防ぎ色鮮やかになります。
さらに油を落とす効果もあります。

ホウレンソウやブロッコリーなどの青物野菜に使えるテクニックです。

湯豆腐のコツ

湯豆腐を作るときは、昆布だしに水溶き片栗粉を少し液が白濁する程度加え混ぜ合わせます。

そうすると、片栗粉が豆腐をコーティングしてくれるため崩れにくくなります。

さらに沸騰したら火を止め、100度以下にしてから豆腐を加えます。
火を止め、鶏肉も加え20~30分放置しじっくりと火を通します。

食べる直前に火をつけ、もう一度沸騰したら食べごろです。

まとめ

いつも食材をゆでる時にただお湯で適当にゆでていたので勉強になりました!
食材のうまみを引き出すゆで方が色々あるんですね。

是非料理の際に意識してみてくださいね。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-ソレダメ, 料理のコツ&技