LIFE.net

TVで話題のレシピを中心に、ダイエットや暮らしに役立つ情報をご紹介します。

レシピ・料理

-, , ,

えびと春菊と松の実のおかゆのレシピ。NHKごごナマで紹介。

えびと春菊のおかゆの作り方

NHKごごナマで放送された「えびと春菊と松の実のおかゆの作り方」をご紹介します☆
薬膳を食事に取り入れた、胃腸のケアにおすすめのおかゆです。
是非作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

えびと春菊と松の実のおかゆ

材料 2~3人分

炊いたごはん 150g  
松の実 20g  
戻した干ししいたけ 2枚  
水 5~6倍の量   
鶏がらスープの素 小さじ1強  
酒 大さじ2+大さじ1  
海老 6尾   
春菊 3~4本  

番組では干しシイタケをお湯で戻すと説明がありましたが氷水で戻した方が栄養価が残り、戻し時間も変わらないので氷水で戻す方法がおすすめです。

作り方

1、土鍋に炊いたごはん、粗く刻んだ松の実を加える。

2、戻した干しシイタケは軽く水けをきり、5㎜角に切る。

3、しいたけの戻し汁を茶こしで濾しながら加える。
水を加えて火にかける。
沸騰したら酒、鶏がらスープの素を加え15~20分間煮る。

4、海老は背ワタを取り除き、殻をむく。
塩もみをしてぬめりを取る。
その後水で洗い、1㎝幅のぶつ切りにする。
酒大さじ1をふっておく。

5、春菊は葉と茎に分ける。
さっとゆで、冷水にとる。
葉は1㎝幅のざく切りにして、茎は斜め薄切りにする。

6、鍋に海老を加えて赤く色が変わったら春菊を加えて混ぜる。
塩適量をして味を調え完成です。

栄養と期待できる効果

海老には悪玉コレステロールの排出に役立つタウリンなどが豊富に含まれています。
また赤い色の色素はアスタキサンチンと呼ばれるもので、抗酸化作用が強く老眼改善やアンチエイジングに役立ちます。

甘み成分にはコレステロールを下げる働きや血糖値を下げる働きもあります。

春菊には実は牛乳以上にカルシウムが含まれています。
香りの成分には自律神経に作用し、せきを鎮める働きもあります。

スポンサーリンク

色が濃く、カロテンが豊富なので抗酸化作用が期待でき、生活習慣病の予防にもおすすめです。
茹でることでカロテンの吸収がよくなるので、おかゆにする食べ方は理にかなっていますね。

風邪をひいたときにもお勧めです。
是非作ってみてくださいね。

おすすめ関連記事

こちらもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-レシピ・料理
-, , ,