きょうの料理 ごはんもの

-, ,

きょうの料理土井善晴さんのちらし寿司のレシピ&作り方

ちらし寿司のレシピ

きょうの料理で放送された料理研究家土井善晴さんによるレシピ「ちらし寿司」の作り方をご紹介します!
身近な材料で作ることができるレシピで、丁寧に作ることで絶品の味に仕上げるコツが満載です。
ひな祭りやお祝いにもおすすめです。

スポンサーリンク

ちらし寿司

材料 5~6人分

すし飯

米 600ml(カップ3)
昆布 8cm四方 1枚
みりん 大さじ2

すし酢

米酢 カップ1/3
砂糖 大さじ3
塩 小さじ2

混ぜこむ具材

かんぴょう 16g
市販の焼きあなご 2本(90g)

<A>
だし カップ3/4
砂糖 大さじ1/2
しょうゆ 大さじ2/3

<B>
酒 大さじ5
砂糖 大さじ1
しょうゆ 大さじ1

上に飾る具材

しいたけのうま煮

干ししいたけ 小12枚(40g)
干ししいたけの戻し汁 約カップ2
サラダ油 小さじ1

<C>
砂糖 大さじ4
しょうゆ 大さじ2

酢れんこん

れんこん 80g

<D>
だし カップ1/3
酢 カップ1/3
砂糖 大さじ1+1/2
塩 小さじ1/2

錦糸卵

卵 6コ
塩 少々
絹さや 100g
紅しょうが せん切り適量


サラダ油

作り方

1、お米は洗ってざるにあげ、40分間ほど水切りしながら吸水させる。
その後お釜に入れ、昆布と水を合わせておいた昆布だしを加える。
みりんも加え炊飯器で炊く。

2、合わせ酢を作る。
小鍋に米酢、砂糖、塩を加えて火にかけ溶ける程度温めたらOKです。
香りが飛ばないように沸騰させないことが大切です。

3、ごはんが炊きあがったら飯台にあけ、熱々のうちに2の合わせ酢をかけしゃもじで切る用に混ぜる。
☆飯台がない場合はボウルでOKです。

4、あなごは小口切りにしたら酒、砂糖、しょうゆを加える。
煮立ったら弱火にして約8分間落し蓋をして煮て甘辛く味付けをする。
焦がさないように注意します。
煮汁が少しのこるくらいで火からおろす。

5、かんぴょうは洗って塩少々をふってもみ、熱湯で2~3分間ゆでる。
その後小鍋に入れ、だし、砂糖、しょうゆを加える。
煮立ったら弱火にして約8分間落し蓋をして煮る。
煮汁が少しのこるくらいで火からおろす。

6、かんぴょうを先に加え混ぜ合わせる。
あなごは汁ごと加えて混ぜ合わせる。
ふきんなどをかけ、少しおいておく。
煮汁や具をごはんになじませることでより深い味わいになります。

スポンサーリンク

7、卵は溶きほぐし塩を加えて混ぜた後ざるでこす。
卵焼き器にサラダ油を熱し、一度ぬれふきんで冷ました後お玉1杯分を加える。
全体に広げ、乾いたらお箸を下に差し入れて裏返し反対の面も焼く。
巻きすの上に取り出す。
何枚か同じように焼いて重ね、細切りにする。

端の部分はみじん切りにしてすし飯に混ぜる。

8、しいたけの旨煮を作る。
干ししいたけは水につけて戻す。
軸を切り落とし、薄切りにする。
鍋に薄切りにしたしいたけ、戻し汁を加えて中火にかける。
煮立ったらアクを取って砂糖大さじ4、しょうゆ大さじ2を加え、落としぶたをして弱火で20分間ほど煮る。

20分煮たら落としぶたを取りサラダ油を回し入れる。
煮汁がとんでつやが出るまでいりつける。

9、酢れんこんを作る。
れんこんは皮をむく。
半月形の薄切りにしたらサッと洗う。
だし、酢、砂糖、塩、れんこんを鍋に入れ中火で煮立てる。
透き通ったら汁ごとボウルに移して冷ます。

10、絹さやはヘタと筋を取る。
熱湯に塩を加え塩ゆでにする。
その後冷水にとる。

紅しょうがは千切りにする。

11、上に乗せる具材はそれぞれ別の器に盛り付ける。
食べる際にすし飯を盛り付けた後、具材をお好みの量乗せていただきます。

まとめ

土井善晴さんのレシピはどれもとてもおいしいので大好きです。
ちらし寿司は大勢が集まるときにもいいメニューですよね。
是非作ってみてくださいね。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-きょうの料理, ごはんもの
-, ,