ピックアップ レシピ・料理 世界一受けたい授業

-, ,

世界一受けたい授業スペシャル味噌のレシピ。長生き味噌汁で健康に!

2018/12/16

スペシャル味噌のレシピ

世界一受けたい授業で話題の「長生き味噌汁健康法、スペシャル味噌(長生き味噌玉)の作り方」をご紹介します!
1週間飲むだけで、しみやしわ、がんの原因が激減するというすごい健康効果です。

冷凍保存もできるため、作り置きが可能で飲みたいときにすぐに使えるという優れたレシピでもあります。
また飲むだけではなく、味噌炒めやトーストなどのお料理にアレンジする食べ方もおすすめです。

作り方のポイントや分量、活用レシピもご紹介しています。
是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

長生き味噌汁の健康効果とは?

長生き味噌汁健康法」とは、お味噌汁を飲むと健康に嬉しい様々な効果が得られるという小林先生がすすめる健康法です。

お味噌汁の塩分が気になる方もいると思いますが、味噌汁の塩分は排出されやすいためそれほど気にしなくても大丈夫なんだそうです。
また、がんやしみ、しわの原因となる活性酸素を減らしてくれる効果も期待できます。
最近では毎日飲んでいる人はそうでない人に比べて乳がんの発生率が低くなるというデータも他の番組で紹介されました。

腸内環境を整える効果がある、赤味噌、白みそ、リンゴ酢、玉ねぎを合わせたスペシャル味噌を毎日の味噌汁に使うことでよりその効果を高めることができるというものです。

それぞれ
玉ねぎ・・・血管を強くしてくれるケルセチンの効果
赤味噌・・・抗酸化作用を高めてくれ、整腸作用があるメラノイジン
白味噌・・・ストレスを軽減してくれるGABA
リンゴ酢・・・塩分排出効果があるカリウム

が豊富に含まれています。

1日2杯以上飲む人は高血圧のリスクも80%も下がるというデータもあるそうで、日本人の昔ながらの和食がからだにいいことがよくわかりますね。

スペシャル味噌(長生き味噌玉)の作り方

スペシャル味噌のレシピ

それでは基本となるスペシャル味噌の作り方をご紹介します。
とっても簡単で、3分程度あれば作ることができますよ。

材料

3-min

赤味噌 80g
白味噌 80g
すろおろした玉ねぎ 1個分(150g)
リンゴ酢 大さじ1

作り方

長生き味噌汁の作り方

1、 ボウルなどに玉ねぎをすりおろす。

あらかじめ30分~1時間程度冷やしておくと目が痛くなりにくくなります。
また根っこの部分を上にしてすりおろすとバラバラになりにくくなります。
円を描くようにやさしくすりおろします。

長生き味噌汁の作り方

2、1に赤味噌、白味噌、リンゴ酢を加え、泡立て器でしっかりと混ぜ合わせる。

だまがなくなるようにしっかりと混ぜ合わせます。

スペシャル味噌のレシピ

3、製氷皿に10等分に分けて入れ、平らにして冷凍庫で2~3時間凍らせたら完成です。

すぐに使う場合は凍らせず、そのままお湯を注いで飲んでも大丈夫です。
冷凍すると保存が効くので、食べたいときにすぐ使うことができとても便利です。

製氷皿以外にも冷凍対応のジッパー付き密閉袋などに入れ、薄く平らにして冷凍しても大丈夫です。
使う際は手でぱきっと折って使います。

ポイント

長生き味噌汁の作り方

スポンサーリンク

1日1杯飲むのがおすすめで、製氷機に入れて凍らせると1個分が1杯分として使うことができます。
だいたい上の量が凍らせる前の1個分です。
冷凍庫に入れ2~3時間で固まり、冷凍庫で2週間保存可能です。

作り置きができるので、飲みたいときにお湯を注ぐだけで簡単に作ることができます。
塩分濃度は1個あたり1.2g程度となっています。

活用レシピ

このスペシャル味噌を使ったおすすめレシピがこちらです☆
是非作ってみてくださいね。

9月に放送されたものから12月に放送されたヨーグルトや豆乳入りのダイエット効果があるものまで最新のレシピも載せています。

味噌汁

アレンジを色々楽しめる22種類を掲載しています。

チーズトースト

朝食にもおすすめなチーズトーストのアレンジです。

ペンネのボロネーゼ

ミートソースの中に味噌玉を入れて作るレシピです。
洋風に楽しみたいときにおすすめです。

なすしそ味噌炒め

平野レミさんが考案されたもので、なすとシソ炒めに使います。

つづける効果は?

実際に考案された小林先生は2週間しっかり実践され、体重が2キロ落ちたということでした。

また1回目に実践された雛形あきこさんも活性酸素の量が激減していました。

今回女優の久保田磨希さんが2週間毎日実践され、40代相応の血管の硬さだった血管年齢が20歳も若返るという驚きの結果となりました。
また体脂肪率も 37.8%から34.76%と-3.2%となりダイエット効果もしっかりと出ていました。
さらにご本人も気にされていて、自律神経の値も適正値になるなど、ストレスなどにもいい効果があったようです。

飲むだけでこれほどの健康効果があるとは驚きですよね。

私も早速試してみたのですが、もともと味噌汁を1日2杯は飲みますし、血糖値対策のためにリンゴ酢を入れ飲んでいるのであまり変わりはなかったかな、と笑。
もともと飲む習慣がない方ならより効果を実感できるのではないでしょうか。

まとめ

愛知県民なので赤だしが大好きで毎日お味噌汁は作りますが、地方によっても色々な味噌の種類があるので具材に合わせて味噌を変えたりと様々な楽しみ方がありますよね。

今回のレシピは実際に作ってみましたが、玉ねぎの甘みがおいしく使いやすい合わせ味噌でした。
私はもともとお味噌汁にりんご酢を入れて飲んでいるので全く気になりませんでしたが、初めての方には酢が少し気になるかもしれません。
ですが味のアクセントになっていておいしいですよ。

是非毎日の習慣にしてみてくださいね。

おすすめ関連記事

こちらもおすすめです☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-ピックアップ, レシピ・料理, 世界一受けたい授業
-, ,