LIFE.net

TVで話題のレシピを中心に、ダイエットや暮らしに役立つ情報をご紹介します。

ピックアップ レシピ・料理

-

世界一受けたい授業 長生き味噌汁のレシピ22品と効果を紹介。

2018/12/15

スペシャル味噌活用レシピ。

世界一受けたい授業で放送された「スペシャルみそを使った長生き味噌汁22品の作り方」をご紹介します☆
順天堂大学の小林弘幸先生が考案されたもので1週間飲むだけで、しみやしわ、がんの原因が激減するというすごい健康効果です。

作り置きも可能で、飲みたいときにすぐに使うことができるベースとなるスペシャル味噌を使ったレシピ22品と、お料理3品の作り方をご紹介します。
9月に放送されたものに12月に放送された最新のレシピも掲載しています。

是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

長生き味噌汁の健康効果とは?

スペシャル味噌のレシピ

「長生き味噌汁健康法」とは、お味噌汁を飲むと健康に嬉しい様々な効果が得られるという順天堂大学の小林弘幸先生がすすめる健康法です。
お味噌汁の塩分が気になる方もいると思いますが、味噌汁の塩分は排出されやすいためそれほど気にしなくても大丈夫なんだそうです。

また、がんやしみ、しわの原因となる活性酸素を減らしてくれる効果も期待できます。
腸内環境を整える効果がある、赤味噌、白みそ、リンゴ酢、玉ねぎを合わせたスペシャル味噌を毎日の味噌汁に使うことでより効果を高めることができます。
ベースとなるスペシャル味噌の作り方からご紹介します。

長生き味噌玉の作り方

スペシャル味噌のレシピ

上の写真で約1人分です。
実際に作ったので、写真付きでご説明しますね。

材料

長生き味噌汁の作り方

赤味噌 80g
白味噌 80g
すろおろした玉ねぎ 1個分(150g)
リンゴ酢 大さじ1

作り方

長生き味噌汁の作り方

1、 ボウルなどに玉ねぎをすりおろす。

あらかじめ30分~1時間程度冷やしておくと目が痛くなりにくくなります。
また根っこの部分を上にしてすりおろすとバラバラになりにくくなります。
円を描くようにやさしくすりおろします。

長生き味噌汁の作り方

2、1にAの赤味噌、白味噌、リンゴ酢を加え、泡立て器でしっかりと混ぜ合わせる。

だまがなくなるようにしっかりと混ぜ合わせます。

スペシャル味噌のレシピ

3、製氷皿に10等分に分けて入れ、平らにして冷凍庫で2~3時間凍らせたら完成です。
我が家の製氷皿は12等分なので12個に分けていますがその量でも具沢山だと味は薄くなく美味しいですよ。

すぐに使う場合は凍らせず、そのままお湯を注いで飲んでも大丈夫です。
冷凍すると保存が効くので、食べたいときにすぐ使うことができとても便利です。

製氷皿以外にも冷凍対応のジッパー付き密閉袋などに入れ、薄く平らにして冷凍しても大丈夫です。
使う際は手でぱきっと折って使います。

詳しい効果などはこちらの記事にもまとめているので、よろしければご覧ください。

では続いて番組に登場したおすすめの具材の組み合わせをご紹介しますね。
まずは第1回目の9月の放送で紹介された11品です。

ニラとベーコンの味噌汁

材料

ニラ 80g
ベーコン 1枚
スペシャル味噌 60g
生姜 1かけ
にんじん 1/3本
水 300ml

作り方

1、千切りにしたしょうがと水を鍋に入れ火にかける。

2、細切りにしたにんじんとベーコンを加えて1分間煮る。

3、4㎝長さに切ったニラをたっぷりと加える。

4、スペシャル味噌を溶き入れ完成です。

疲労回復に欠かせないビタミンB1がベーコンに豊富で、そのB1の吸収を高める効果がニラのアリシンにあります。

まぐろの味噌汁

材料

水 300ml
酒 大さじ1
しょうが 1かけ
玉ねぎ 1/2個
マグロのお刺身のあら 100g
スペシャル味噌 60g

作り方

1、鍋に水、酒、千切りにしたしょうが、薄切りにした玉ねぎを加えてひとに立ちさせる。

2、ぶつ切りにしたマグロを加える。
アクが出たら丁寧に取り除く。

3、約5分間煮込む。

4、スペシャル味噌を加え、溶かしたら完成です。

脳の老化予防作用や健康維持に役立つ成分DHAやEPAがマグロには豊富に含まれています。

丸ごとトマトの味噌汁

材料

水 300ml
トマト 2個
オリーブオイル 適量
スペシャル味噌 60g

作り方

1、鍋に水、ヘタを取った丸ごとトマトを加えて10分間煮る。

2、スペシャル味噌を溶かしいれる。

3、器に盛り付け、オリーブオイルをかけたら完成です。

がんの原因となる活性酸素を減らす働きがあるリコピンがトマトに豊富に含まれています。

アボカドとパプリカの豆乳味噌汁

ローラさん考案の味噌汁です。

材料

アボカド 80g
パプリカ 50g
豆乳 150ml
スペシャル味噌 60g
水 150ml

作り方

1、鍋に水、食べやすく切ったアボカドとパプリカを加えて火にかける。
煮立たせる。

2、豆乳を加え、スペシャル味噌を溶かしいれたら完成です。

ねぎだく納豆味噌汁

ねぎと納豆の定番の組み合わせのレシピです。
疲労回復効果が期待できます。

ズッキーニとミニトマトの味噌汁

材料

ズッキーニ 1/2本
ミニトマト 6個
アンチョビチューブ 小さじ1/3
白ワイン 大さじ2
水 300ml
スペシャル味噌 60g

作り方

1、ズッキーニは食べやすい大きさに輪切りに切る。
ミニトマトは半分に切る。

2、鍋に水、白ワイン、アンチョビを加えてひとに立ちさせる。
ズッキーニ、ミニトマトを加えて火が通るまで2分程度煮る。

3、柔らかくなったらスペシャル味噌を溶かしいれ完成です。
お好みでオリーブオイルをかけていただきます。

なすの味噌汁

材料

なす 2本
長ネギ 1/2本
みょうが 適量
水 300ml
スペシャル味噌 60g
油揚げ 1枚
ごま油 小さじ1

作り方

1、なすは食べやすい大きさに切る。
長ネギは3㎝長さに切る。
油揚げは熱湯を回しかけ、油抜きをしてから1㎝幅に切る。

スポンサーリンク

2、みょうがは千切りにする。

3、鍋に油揚げを加えて火にかけ、乾煎りする。
いったん取り出す。
続いてごま油を熱し、長ネギ、なすを加えて炒める。

4、水を加えてひと煮立ちさせる。
油揚げを戻し入れ、1分間煮る。
なすが柔らかくなったら火を止めてスペシャル味噌を溶かしいれる。

5、器に盛り付け、みょうがを盛り付けたら完成です。

めかぶと大根の味噌汁

材料

めかぶ 2パック(味付きではないもの80g)
大根 150g
水 300ml
スペシャル味噌 60g
しょうが 1かけ

作り方

1、 大根はピーラーで薄切りにする。

2、鍋に大根、水を加えて蓋をしてひと煮立ちさせる。
大根が少ししんなりとするまで1〜2分煮る。

3、めかぶを加えて火を止める。
スペシャル味噌を溶かしいれる。

4、器に盛り付け、お好みでしょうがのせん切りを乗せたら完成です。

海老とアスパラガスの味噌汁

材料

有頭のえび 4尾
アスパラガス 2本
スペシャル味噌 60g
水 300ml

作り方

1、海老は殻、尾、背ワタを取り除き、洗い流す。
頭は取っておく。
アスパラガスはかたい部分をピーラーで削り、4cm厚さの斜め切りにする。
(アスパラガスが下の方を手でぽきっと折っても硬い部分だけを取り除くことができます)

2、鍋にえびの頭、酒、水を加えて蓋をしてひと煮立ちさせる。
アクが出たら丁寧に取り除く。
さらにえび、アスパラガスを加えて火が通るまで約1分煮る。

3、火を止め、スペシャル味噌を溶かしいれ完成です。

海老に含まれているタウリンには高血圧抑制作用が期待できます。
またアスパラガスに含まれているアスパラギン酸は疲労回復効果があります。

レンコンとさつまいもの味噌汁

材料

レンコン 100g
さつまいも 100g
スペシャル味噌 60g
黒ゴマ 適量
水 300ml

作り方

1、レンコンは皮をむいて7mm厚さの輪切りにする。
さつまいもは皮付きのまま7mm厚さの半月切りにする。
切ったレンコンとさつまいもは水でしっかりともみ洗いをする。

2、鍋に1、水を加え、蓋をしてひと煮立ちさせる。
弱めの中火にし、火が通るまで4〜5分煮る。

3、火を止め、スペシャル味噌を溶かしいれる。

4、器に盛り付け、お好みでごまを振って完成です。

豆腐とキムチの韓国風冷たいお味噌汁

お湯を沸かすのも面倒!というときや暑い季節におすすめのレシピです。
冷や汁風に楽しむことができます。
こちらはNHKごごナマで放送されました。

きのこの味噌汁

ここからは世界一受けたい授業で12月15日に放送されたレシピです。
まずはダイエットにおすすめな食物繊維が豊富なきのこを使ったメニューです。

材料

しいたけ
舞茸
えのきなどのキノコ類
スペシャル味噌 2個
お湯 300ml

作り方

1、きのこは石づきを切り落とし、食べやすい大きさにほぐす。
しいたけは薄切りにする。

2、鍋にきのこ、水を加えて火にかけ火を通す。

3、火を止め、スペシャル味噌を加え溶かしたら完成です。

鶏団子の豆乳味噌汁

ダイエット効果が期待できる豆乳を加えたレシピです。
鶏団子入りで食べ応えもありますよ。

ヨーグルト味噌汁

こちらも整腸効果があり、ダイエットにおすすめなヨーグルトを加えたレシピです。
EPAが豊富なぶりも加えています。
今はやりのサバ缶で代用してもよさそうですね。

ヨーグルトの効果でコクもアップしますよ。

豚肉とパクチーのピリ辛味噌汁

アジア風に楽しめるレシピです。
豚肉に含まれているビタミンBには疲労回復効果があり、パクチーに含まれている硫化アリルはビタミンB1の吸収を助け整腸効果も期待できます。

材料 2人分

豚肉
パクチー
千切り生姜
輪切りにした唐辛子
水 300ml
味噌玉 2個

作り方

1、鍋に豚肉、しょうが、唐辛子を加えて炒め合わせる。

2、水を加えてひと煮たちさせ、約2分加熱する。

3、味噌玉を加え、しっかりと溶かす。

4、器に盛り付け、パクチーを添えて完成です。

マッシュルームとえびの味噌汁

疲労回復に効果的なビタミンB2やナイアシンを含んだマッシュルームとえびを使ったメニューです。

材料 2人分

マッシュルーム
えび
水 300ml
味噌玉 2個

豆腐とえのきの酸っぱ辛い味噌汁

材料 2人分

豆腐
えのき

水 300ml
味噌玉 2個
ラー油 適量

厚揚げと酒粕味噌汁

美肌効果、がん予防効果が期待できる酒粕を使ったレシピです。

カリフラワーとウインナー

ウインナー入りのお子さんにもお勧めのメニューです。
またカリフラワーにはスルフォラファンという免疫力アップにつながる抗酸化作用が強い成分が豊富です。
そのため風邪予防にもおすすめです。

材料 2人分

カリフラワー
ウインナー
水 300ml
味噌玉 2個

かぼちゃの味噌汁

かぼちゃに含まれているβカロテンには活性酸素を抑えたり、免疫力を高める効果があります。
また、ベーコンの脂はβカロテンの吸収を高めてくれます。

材料 2人分

かぼちゃ
水 300ml
味噌玉 2個
ベーコン

作り方

1、かぼちゃは大きめに切り、鍋に水と一緒に入れ火にかける。
ベーコンも細切りにして加える。

2、煮立ったら4~5分加熱する。

3、かぼちゃに火が通ったら味噌玉を溶かしいれ完成です。

W大根の味噌汁

切り干し大根は生のものに比べて鉄分は2倍、カルシウムが約3倍、食物繊維は約2.5倍含まれています。
貧血予防にお勧めのメニューです。

材料 2人分

切り干し大根
大根
にんじん
水 300ml
味噌玉 2個

ささみと豆苗

低カロリーで高たんぱくなささみを使ったダイエットにおすすめのメニューです。
豆苗にも新陳代謝を高めるビタミンB群が豊富です。

材料 2人分

ささみ
豆苗
味噌玉 2個
水 300ml
白いりごま 適量

味噌ボロネーゼ

また味噌玉は料理にも使うことができます。
是非作ってみてくださいね。

味噌チーズトースト

朝ご飯にもおすすめな、チーズトーストのレシピです。

なすしそ炒め

平野レミさんが考案されたメニューで、なすとしその油炒めに活用したメニューです。

まとめ

愛知県民なので赤だしが大好きで毎日お味噌汁は作りますが、地方によっても色々な味噌の種類があるので具材に合わせて味噌を変えたりと様々な楽しみ方がありますよね。
スペシャル味噌は作り置きができる点もとてもいいなと思いました。

是非毎日の習慣にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツユニット

-ピックアップ, レシピ・料理
-